爪を傷つけないために!ネイルのメンテナンス頻度はどれくらい?

人と会話しているときなど、相手の指先は目に入りやすいものです。相手から見てもそれは同じことで、ネイルの状態が目に入りやすくなります。だからこそ、ネイルのメンテナンスは大切で、常に清潔で美しい状態を保つ必要があります。

特にジェルネイルは見た目では分からないほど、爪にダメージを与えている可能性もあります。ジェルネイルのメンテナンス頻度を知って、自爪も健康な状態で過ごせるようにしましょう。

爪を傷つけないために!ネイルのメンテナンス頻度はどれくらい?

サロンでのネイルケア頻度

サロンでのネイルといえば、ジェルネイルが主流です。オフするためには専用のリムーバーやファイルが必要のため、ネイルを施したサロンで外してもらうことが一般的です。サロンでネイルをオフしてもらうのは、長くても2週間~3週間です。

爪は1日で0.1ミリ伸びます。10日でおよそ1ミリ伸びるため、3週間たつとおよそ2ミリ伸びることになります。ジェルネイルをすると爪がぷっくりとふくらむので、2ミリ伸びるだけで見た目が悪い印象を与えます。

爪の長さやジェルネイルの具合を考えても、できるだけ正しい頻度で付け替えることをオススメします。ネイルサロンでジェルを落とす場合は、できる限り爪に負担がかからないようにオフしてくれます。

自分でネイルをオフすると、爪に傷が入りやすかったり上手に取れなかったりすることもあるので、ネイルサロンでのオフがオススメです。また、サロンでは甘皮などのケアもしっかり行ってくれるので、次にネイルをする際に持続性のあるネイルを施すことができます。

甘皮とは別にキューティクルのケアを行うことで、さらに健康的な爪にすることも可能です。爪の表面には目に見えない皮脂が溜まりやすく、ほこりなどが付着しやすくなっています。キューティクルケアをすることで、爪が健康状態を維持します。ささくれやひび割れといった爪のトラブルも防ぐことができるので、ネイルオフをしてもらう際は一緒にケアも行いましょう。

このケアは2週間に1度行うことで、より綺麗な爪を維持することができます。

セルフケア方法

ネイルを綺麗に保つためには、ジェルネイルを施したあともセルフケアすることが大切です。セルフケアを行うことで、綺麗で清潔な状態を維持することができます。ここでは、自宅で行うセルフケアについてご紹介します。

トップコートで傷を防ぐ

マニキュアじゃないから、トップコートがいらないと考えている方は多いです。しかし、ジェルネイルを綺麗な状態で保つためには、トップコートで表面をコーティングすることをオススメします。

ジェルネイルは強度が高いといわれていますが、それでも日常生活を送っていると傷つきやすく、小さなキズが目立つようになります。トップコートを付けることで、キズの中に水分や空気といった痛む原因を排除することができます。

保湿して乾燥を予防する

ネイルを長持ちさせるには、乾燥させないことがポイントです。割れにくい爪にするために、キューティクルオイルを1日に3回程度塗りましょう。オイルが浸透するようにマッサージすると、より高い効果を得られます。

定期的に付け替えるのはなぜ?

ジェルネイルを定期的に付け替えるのは、爪の負担を軽減させるためです。ジェルネイルはずっと付けておくと、爪が割れてしまったり爪が痛みやすくなったりするといったデメリットが生じます。

見た目がまだ綺麗な状態であっても、セルフケアを怠っていると中の爪に大きなダメージが加わります。また、爪が割れる以外にもトラブルを起こす原因になるので、必ずネイルは定期的に付け替えましょう。

爪カビの原因になる

ジェルネイルだけではなく、スカルプネイルを行っている方も同様な現象が起こります。爪カビは別名「グリーンネイル」と呼ばれており、常在菌が繁殖することで起こります。爪の色が緑や茶色に変わり始めたら危険信号です。

爪カビになってしまったら、ただちに皮膚科に受診しましょう。爪カビは通常、セルフケアで完治させることは難しいといわれています。感染することはないので、日常生活は通常通り行うことができます。

痛みやかゆみといった違和感はないので放っておく方もいますが、免疫力が低下している方や高齢者、申請時の場合は命に関わる場合があります。担当のネイリストさんがネイルをオフした際や、セルフでオフした場合でも爪の状態はしっかり確認してください。

ジェルネイルが浮く・取れるなどの原因になる

通常のマニキュアであれば、しばらくそのままにしておいたらはがれていきます。除光液でオフするべきではありますが、気が付いたときにさっとできるため問題が少ないのが特徴です。一方でジェルネイルの場合は、ネイルと爪の間に空間ができたり、取れかかったりするなどの問題が起こります。

この場合、無理やり爪から外す方もいますが、爪を痛める原因となるのでオススメしません。爪が痛むと、爪が薄くなったり巻き爪や二枚爪の原因にもなったりします。また、浮いたすき間から菌が入り込んで爪カビが発生することもあります。定期的に爪の付け替えを行いましょう。

まとめ

ネイルのメンテナンスは、2週間~3週間に1度の頻度で行いましょう。一見綺麗な状態であっても、ネイルの下の爪は大きなダメージを受けています。綺麗で健康な自爪をつくるためにも、定期的に付け替えることをオススメします。

「Nail & Eyelash LeeB」では、ジェルネイルを取り扱っています。また、ネイルだけではなく、爪を綺麗な状態に保つためのハンドケアについても、さまざまなメニューで取り揃えています。美しい爪を持続させるためにも、一度お気軽にお問い合わせください。

  • a1
  • b2
  • c3
  • 電話番号: 03-6264-3088
  • Instagram

Address

〒104-0045
東京都中央区築地2-12-8

大広ビル4階

Open~Close

平日10:00~21:00/土日祝10:00~19:00

Holiday

年末年始休業有